Entry: main  << >>
GETを使って、テンプレートデザインにCSVファイルのデータを読み込むPHP
同じデザインのページを何枚も作らなければならない時、
例えば、「商品リスト一覧」を制作しなければならなくて、一覧ページから各商品の個別ページに飛ぶ・・・というような遷移の場合、
商品が10個くらいならよいですが、100個も200個もあった場合、HTMLだと100枚も200枚も作らないといけません。
この場合、各商品ページのテンプレートだけ作成して、商品名や画像ファイル名などはCSVファイルにひとまとめにしておいて、
リスト一覧のリンクをクリックすれば、テンプレートにCSVのデータを挿入させるようにすれば作業がとっても楽です。

デザイン変更の場合も、100枚のHTMLファイルを更新するのではなく、1枚のテンプレートだけを書き換えればよくなるので、効率がいいです。

下に、最も単純な方法を書きます。

3ファイル用意します
list.php 商品一覧リストページ
result.php 個別商品ページのテンプレート
data.csv 商品データ


【list.php 商品一覧リストページ】
<html>
<head><title>PHP</title></head>
<body>
PHP test<br><br>

<a href="result.php?product=1">商品1</a><br>

<a href="result.php?product=2">商品2</a><br>

<a href="result.php?product=3">商品3</a><br>

</body>
</html>


【result.php 個別商品ページのテンプレート】
<html>
<head><title>PHP</title></head>
<body>
PHP test<br><br>

<?php

print "渡した値を変数に:";
print $atai;
print "<br><br>";

$fp = fopen("data.csv", "r");

while ($data = fgetcsv($fp, 10000)) {

if($atai==$data[0]){
print "$data[1]<br>";
}

}

fclose ($fp)

?>

</body>
</html>


【data.csv 商品データ】
1,商品1,product1.jpg
2,商品2,product2.jpg
3,商品3,product3.jpg
4,商品4,product4.jpg


これで、商品1のリンクをクリックしたときは、商品1のデータがテンプレートに渡され、上の場合だと$data[1]の商品名がprintされます。

$data[2]を利用すれば、当然商品1の画像ファイルが表示できます。

dataは増やせるので、色々応用できると思います。
11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Recommend

Search

Entry

Comment

  • リンク元のページに戻るボタン(PHP)
    Tadashi (03/13)
  • サイト全体をメンテナンスページに切り替える単純な方法
    yo5kg (06/06)
  • 再配布不可識別子の入れ方
    jumbo (04/25)
  • Foma901シリーズ用 デコメテンプレートをPCで作成する方法
    ぐみ (12/11)
  • 再配布不可識別子の入れ方
    eguti (06/04)
  • ナビゲーションをul、liで作成する時
    ビジログ (03/09)
  • 再配布不可識別子の入れ方
    nana (02/02)
  • 再配布不可識別子の入れ方
    TOM (01/22)
  • Foma901シリーズ用 デコメテンプレートをPCで作成する方法
    pon (11/09)
  • Foma901シリーズ用 デコメテンプレートをPCで作成する方法
    pon (11/09)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode